沿革

  西暦

1962年 昭和37年  創業者(故)帆刈四郎、東京・飯田橋において「越後屋梱包」起業

1966年 昭和41年  株式会社大栄実業設立、出版取次業の最大手「株式会社トーハン」の物流荷役業務を手がける

1968年 昭和43年  株式会社マルホ流通ネット設立(旧有限会社大栄梱包)

1971年 昭和46年  有限会社富士企画設立

1978年 昭和53年  株式会社帆栄物流設立(旧有限会社帆刈梱包)

1982年 昭和57年  株式会社富士企画設立、アパレル大手企業の物流荷役業務を手掛ける

            大手量販店の生鮮食品(農産・畜産)の加工包装事業、農産物の共同配送を展開する(帆栄物流)

2000年 平成12年  大手食品商社の千葉県浦安新センターにおける物流業務、並びにコープネット事業のさいたま農産新センター

            における農産加工業務を手掛ける(帆栄物流)      

2002年 平成14年  大手食品流通企業からの静岡新センター事業の受注をきっかけに全国事業拠点(首都圏、東海、関西、四国)

            を再構築する(帆栄物流)

            株式会社ダイエーコムネット設立

2003年 平成15年  株式会社帆栄物流が株式会社大栄実業を吸収合併

2006年 平成18年  「トーハン桶川新センター」計画に参画(ダイエーコムネット)

2012年 平成24年  埼玉県川越市に青果流通センターを建設、農産物の加工包装業務を中心としたセンター前センターとしての

            機能を提供する(帆栄物流)

2013年 平成25年  株式会社帆栄物流が有限会社富士企画を吸収合併

2016年 平成28年  大手食品商社の三郷センター事業を受注、次いで青森新物流センター計画に参画(帆栄物流)

            株式会社帆栄物流が「合同会社西友」と業務提携し、「株式会社IPL Japan」を設立、農産物の調達から

            加工・包装・物流までの一貫したサポート業務を提供する

2017年 平成29年  大手食品商社の相模原新物流センター、厚木新物流センター計画に相次いで参画(帆栄物流)

2018年 平成30年  大手食品商社の川崎、川口領家新物流センター計画、並びにコープデリ事業の桶川新センター計画に参画

            関西に地盤を置く大手量販店の神戸新物流センター計画に参画(帆栄物流)

2019年 平成31年  大手スーパーの農産物加工センター(大阪市平林センター)計画に参画(帆栄物流)